ALL FOR HIROSHIMAブログ > ニュース

かみあわぬ議論…

ALL FOR Hiroshima事務局です
「All FOR Hiroshima」(以下AFH)の活動に
いつもご理解ご協力いただきましてありがとうございます。
 
ここ10日ほど、地元の新聞が面白いですね。
投書欄にある男性からの投書が掲載されました。
広島市から返答があったのですが、
結局“結論ありき”で話が進んでいることや、
“想定問答”通りの返答なので、全くかみ合っていませんね。
 
  
 
 
2009年5月18日 中国新聞 “広場”
『折り鶴施設の再考を』 郷土史家 74歳男性
 
 旧広島市民球場の跡地利用の一環として、折り鶴展示施設を造る計画があるようだ。もともと折り鶴は、原爆で被爆して死に直面した少女が生への祈りを込めて折った。死後、平和公園の一画に御霊を慰めるために祭られ、修学旅行生らが祈りとして折り鶴をささげるようになった。 
 このような経緯からすると、球場跡地に折り鶴展示施設を造り、にぎわいを誘導するなどということは折り鶴の少女をはじめ、原爆犠牲者への冒涜もはなはだしい。球場跡地への建設に再考を促したい。 
 むしろ、旧日銀広島支店の建物を、折り鶴の館にかいぞうしてはどうだろうか。原爆の被害にも耐えてきたかかわりの深い建物でもあり、すでに何十万羽の折り鶴が保管されている。現在、十分に利用されているとは思えない場所を生かすためにも考慮の余地があろう。
 球場跡地を公園緑地にとの計画もあるようだが、それには県立体育館北側の中央公園を整備しての活用することも考えられるのではないか。
 ここには広島人の平和の原点ともいうべき軍縮推進の首相加藤友三郎の銅像や、原爆作家大田洋子の石碑もあり、平和発信には、またとない場所と思われるのだが。
 
 
 
それに対する答え
2009年5月22日 中国新聞“広場”
『平和を思う場目指す』 「折り鶴施設の再考を」にお答え
広島市都市活性化局都心再開発部旧市民球場跡地担当課長
杉山 朗
 
 十八日付広場欄に掲載された旧広島市民球場の跡地利用について
「折り鶴展示施設を作り、にぎわいを誘導するなどということは折り鶴の少女をはじめ、原爆犠牲者への冒涜もはなはだしい」との意見は、誤解があると思われますので、市の取り組み状況を説明します。
 球場跡地については、一月に「跡地利用計画」を作成しました。
 跡地の中央部に多くの人が利用できる広場を設け、さまざまなイベントの実施などによって、
年間を通じたにぎわいの創出を図ることとしています。
 計画に盛り込んだ折り鶴ホールは、平和のシンボルである折り鶴を展示するとともに、音楽などのアートを中心としたイベントが出来る施設です。
 選考委員会で高い芸術性を有すると評価され、平和への思いや未来の希望を多くの人に実感してもらう施設です。
 旧市民球場は平和記念公園などとともに、戦災復興のシンボルとして整備された中央公園内にあります。
 中央公園は、市の個性と魅力ある都市空間の形成に大きな役割を果たしてきており、球場跡地については引き続き、都市公園として利用することとしています。  
 
 
さて
そもそも筋が通っているのはどちらでしょうか?
広島のこれまでの流れを汲んでいるのはどちらでしょうか?
男性の意見には、
広島市がその論を二転三転させた「中央公園との“回遊性”」に関してもすばらしい提言がなされています。
 
市民の声を無視した形の計画は、
いずれ大きなしっぺ返しを食らうでしょう。

かみあわぬ議論…
掲載日 : 2009年5月25日

中国新聞で「球場跡地」関連のアンケート実施中

中国新聞で
「球場跡地」関連のアンケートが実施されています
http://www.chugoku-np.co.jp/prf/enquete/
 
 
広島市の今後の発展などに大きな影響を与えると考えられる
「広島市民球場跡地」
 
広島市の計画についてや
球場跡地関連のマスコミの報道などについての意見、
そして私たち市民の希望や意見をぶつける大きなチャンスです。
ぜひ多くの方がこのアンケートに参加するとともに
いろんな方々にアンケートをご紹介ください。
 
 
広島の未来のために球場跡地に本当に必要なものはなになのか?
 
広島の未来は私たち市民の手で決めましょう!!

中国新聞で「球場跡地」関連のアンケート実施中
掲載日 : 2009年4月26日

広島市民球場から「広島市民球場」の文字、取り外される

 

31日、広島市民球場の正面に掲げられていた
「広島市民球場」の文字が取り外されました。
一応、プロ野球公式戦が行われる球場としての役割は
南区の「新・広島市民球場」に移ることになります。
 
31日に行われた作業では
午前中に「夢と感動をありがとう」の看板が外され、
夕方に「広島市民球場」の文字が外されました。
なぜ、作業を2回に分ける必要があるのでしょうか?
(作業費がかかるでしょうに… その作業費は税金です)
 
また4月1日からこの球場を「旧広島市民球場」、
そして“MAZDA ZOOM-ZOOMスタジアム"のほうを、
「広島市民球場」と呼ばせるという条例を
広島市は定めたそうです。
 
春や夏の高校野球の大会や少年野球大会、そしていろんなイベントがこの球場でまだ行われる予定になっていますが、
広島市はなぜそんなに“作業”を急ぐ必要があるのでしょうか?
 
まあ、広島市がいろいろあせろうと
“広島市民球場は広島市民球場”なんです!
そして私たちは広島市が“名前”を取り外したあの場所に
もう一度“広島市民球場”という名前を取り付けられるよう頑張りたいと思います!!
みなさんも、ご協力よろしくお願いします!!

広島市民球場から「広島市民球場」の文字、取り外される
掲載日 : 2009年3月31日

現球場おひざ元の商店街や町内会が跡地利用に関する協議会設立

12日、現市民球場のおひざ元である商店街や町内会が跡地利用に関する協議会を設立しました。
 
広島市の跡地利用計画に関し、
選考の過程で市民の意見を無視したこと、
08年に商工会議所の移転の意向を受け、それを元に市の決めた優秀案2案と折衷した中途半端な案を最終計画としたこと。
またその計画では集客が見込めないこと。
そのことを踏まえて広島市に対し、
・現球場跡地利用計画の修正
・球場近隣の住民や商業関係者、経済界などとともに
 利用計画を協議できる場を設置すること
・利用計画の具体化で市民や経済界の意向を取り入れ反映させることを確認しながら進めること
以上を求めています。
またもっと時間をかけて考えるべきだということを訴えるそうです。

さらに今後市民にも参加をする機会を考えたい。
署名活動もしたいとのことでした。
  
関係者によると
声かけをした人たちが全員集まったということで
「広島市の計画がいかに支持されてないかを実感した」という声があったそうです。
ただ「決して反対勢力ではない」ということで、商工会議所などと足並みを揃え一緒になってやっていくとのことでした。
話し合いでは「にぎわい施設」として
・劇場がほしい
・3000人規模の国際会議場のようなものがほしい
・サッカー専用スタジアムがほしい
という意見が出たそうです。

現球場おひざ元の商店街や町内会が跡地利用に関する協議会設立
掲載日 : 2009年2月12日

2009年1月31日 広島市の「跡地利用計画」補足

30日、広島市は
市民球場跡地の利用計画を最終的に発表しましたが、
解体費は09年の当初予算には盛り込まないと付け加えたそうです。
 
ただこの点については
19日に利用計画の叩き台を発表した際に
広島市の担当者は
「当初予算には調査費など約3億円程度しか当初予算には盛り込まない」とマスコミなどに漏らしており、
広島市にとっては“予定通りの行動”と言っていいのではないでしょうか。
おそらく市議会や市民の反応を見ながら
解体費などは6月議会で盛り込む予定ではないかと思われます。
 
ただこの行為は
費用がかかりすぎていると批判されている事業費を小出しにすることで、
その批判をかわすのが目的ととられても仕方がないものだと思います。
 
広島市の未来にとって
どんな施設が現球場跡地にふさわしいのか
きちんと市議会や市民ときちんと話し合い、決めていくのが筋ではないでしょうか?
そのためにも2月議会で広島市の計画をきちんと止めることが重要だと思います。
 
引き続き皆さまのご理解とご協力をよろしくお願いします!

2009年1月31日 広島市の「跡地利用計画」補足
掲載日 : 2009年1月31日

さあ、共に闘いましょう!!

30日、広島市は
市民球場跡地の利用計画を最終的に発表しました。
(広島市ホームページにも掲載されております)
 
一部マスコミにリークする形で先に利用計画案を発表しましたが、
発表後の市議会や市民の反対は無視。
計画はほぼ先に発表したものと同じものとなりました。
 
今回発表するにあたって広島市は
「市民の意見などを参考にしながら検討しました」としていますが、
選考の過程や委員会の委員の選定、
またこの計画のスタート時の様々な前提条件、
そして寄せられた市民の意見などをことごとく無視してきた「一部施設を作りたいがための結論ありきの案」と言わざるを得ません。
実際、球場跡地利用案について語る市長の口からはいつも
「選考委員の判断を尊重して…」と言う言葉が出てきますが、
それは「市民の意見は聞かない」ということの裏返しではないでしょうか。
 
また「今後、本利用計画に盛り込んだ緑地・広場や各種導入機能などについて、具体化に向けた検討を行うこととしており、その検討状況については、節目節目で公表します」と広島市も述べている通り
「未定」の部分があまりにも多い非常にいい加減な案です。
そもそも選考委員会でも最優秀とはされなかったものなんですから…
しかも“民間活力の利用”はほんのごく一部で
「市民に多大な負担」を強いるとても乱暴な案です!
 
広島市民球場がある場所は
文字通り“広島市の一等地”にあります。
このあと10年後、50年後、100年後の広島を考えるときに
そんないい加減な案を進めてもいいのでしょうか?
 
 
広島の未来は私たち市民で話し合って決めようじゃないですか!
そのためにも
広島市民に多大な負担を課し
かつ、ごく一部で進められようとしている
“広島市民球場跡地計画”をストップさせ、
広島の輝かしい未来を私たちの手で創ろうじゃないですか!
 
さあ、共に闘いましょう!!
 
 
ALL FOR HIROSHIMAは
今後も広島市の跡地計画をストップさせるとともに
広島の発展と国内外に平和発信できる機能を持ち、
かつ広島市民の負担を軽減することができる“サッカー専用スタジアム”をアピールし、実現に向けて邁進します。
 
みなさまのご理解とご協力をよろしくお願いします!

さあ、共に闘いましょう!!
掲載日 : 2009年1月31日

市議会特別委員会において…

ALL FOR Hiroshima事務局です
「All FOR Hiroshima」(以下AFH)の活動に
いつもご理解ご協力いただきましてありがとうございます。
 
19日の広島市議会の特別委員会において
広島市民球場跡地利用案の最終案が提示されたのは
先般のさまざまな報道でご存知かと思います。
 
わかっているだけで30億円以上、
劇場やライブラリー、その他の費用を入れると
100億近くの費用がかかると思われます。
また維持費など建設後の経費には全く触れられていませんが、毎年数千万円の支出が考えられます。
またその費用の大部分を
この経済状況のなかで
市民からの税金や寄付でまかなおうというおそろしい案です。
また150万人の集客や民間活力の利用など、
スタート時の条件はことごとく無視されています。
 
委員会で市議会議員からいろいろな批判が出て会は紛糾しました。それはその通りでしょう…
 
AFHの案は
民間資本・活力を利用して、維持費も含め
市民の負担を極力なくす方法の一つです。
これは単にサッカーに興味がある人だけでなく、
サッカーに興味がない人にも大きなメリットになります。
ぜひ私たちの案や活動にご協力いただくとともに
広くみなさんに周知していただければと思います。
 
 
最後に委員会終了後、マスコミ陣に囲まれた
市の担当者のコメントをご紹介したいと思います。
「サッカー専用スタジアムには絶対しない。
 (球場跡地は)
 特定のスポーツのために整備すべき場所ではない。
 (広島市案の)広場であれば
 市民スポーツやラジオ体操などいろんなことができる」
 
不特定多数が使えるからみんな税金を出せ!
ということなんですか?
 
恐ろしい話です…

市議会特別委員会において…
掲載日 : 2009年1月22日

広島市の「最終案」について 報道まとめ

広島テレビ
「球場跡地利用でスタンドの一部残す方針」
広島市は16日、広島市民球場の観客席の一部を残す方針を固めた。外野ライト側と1塁側の6000席を残す。ほかに多くのイベントが開ける広場や折り鶴の保存施設などを整備し事業費33億6000万円を見込んでいる。市は計画案を19日に市議会に示す。
 
広島ホームテレビ
「広島市民球場外野席の一部保存へ」
今年中の解体が予定されている広島市民球場について広島市は外野スタンドの一部を保存する方針を固めました。保存するのは外野ライトスタンドの一部、およそ3000席です。また一塁側内野席の3000席も劇場などの整備が進むまで残すとしています。広島市は去年9月に出した『たたき台』を踏まえ、東側に商工会議所ビルを移転し、劇場などを誘致して賑わいゾーンとします。西側の市民広場には折り鶴を展示する施設を設け青少年センターなどの移転も検討して、川とつながる河川空間を作りたいとしています。またカープの優勝記念碑などがある「勝鯉の森」も保存します。これまで広島市は球場を全て解体するとしていましたが、市民からの要望を受け、一部を保存する方法を検討していました。これらの計画案は今月19日の市議会特別委員会で示され、今月中にまとめられる予定です。
 
テレビ新広島
「市民球場跡地利用 スタンドを一部保存へ」
広島市民球場跡地利用で、広島市はライトスタンドと1塁側内野スタンドの一部6000席を保存活用する計画案をまとめ、来週にも正式発表することにしました。球場施設の一部保存は、多くの市民の要望に応えたもので、ライトスタンドと1塁側内野スタンドの一部、約6000席を保存し、中央広場で行われるイベントの客席として活用されます。跡地には、このほか、折り鶴の展示施設や1000人収容可能な劇場ホールの建設を予定しています。また、広島商工会議所ビルは東側に移転させます。広島市は、事業費を約33億6000万円と見込んでいて、来年度予算案に計上し、議会に諮ることにしています。広島市民球場の解体工事は今年秋にも始まり、新しい施設の利用は2012年度の予定です
(以上 1月16日)
  
  
RCC
「市民球場跡地計画、
 広島市は外野スタンドの一部保存方針固める」
新球場の完成とともにこの春、52年の歴史に幕を閉じる広島市中区の広島市民球場の跡地の利用計画について検討している広島市は、球場のスタンドの一部を保存する方針を固めました。また現在の広島商工会議所のビルは球場東側跡地に移転を目指す方針です。
広島市民球場の跡地利用をめぐっては、市民団体などから現在の球場の保存を求める意見もあがっており、広島市の秋葉市長は去年10月の記者会見でも、建物の一部を残すことも含めて球場の歴史を何らかの形で残していく考えを示していました。
検討を続けてきた広島市は市民球場のライト側外野スタンドの一部を保存する方針を固めたもようです。
また球場の隣にある広島商工会議所ビルは基町クレドがある側の球場の東側への移転を目指す方針です。
球場の跡地利用について広島市は広場や劇場などをつくる「たたき台」を示しており、今月中に最終計画をまとめることにしています
  
「跡地計画で
  秋葉市長『サッカー専用スタジアムは無理』」
一方、広島市民球場の跡地の利用方法をめぐり、県のサッカー協会がサッカー専用スタジアムの建設を要望したことについて、広島市の秋葉市長はスタジアムを建設する考えはないことを明言しました。
市民球場の跡地利用について広島市は広場や劇場などをつくる「たたき台」を示しており、今月中に最終計画をまとめる方針です。
市民からは「スポーツ機能」を望む声も多く、先週は県のサッカー協会がサッカー専用スタジアムをつくるよう市に要望しました。
秋葉市長は15日の会見で「跡地利用は、すでに何年も丁寧に検討してきたものでこの段階でスタジアムはできない」と述べています。
「現在の段階で特定のスポーツ種目の利用を前提としたような跡地利用は考えていません」(広島市 秋葉忠利市長)
また、スポーツ機能を望む市民の声に沿えるよう、子どもから高齢者まで利用できる広場を整備する考えを示しています。
(以上1月15日)
 
「市民球場跡地計画続報、ホームベースを残して整備」
広島市民球場の跡地の利用計画を検討している広島市が、球場のスタンドの一部を保存する方針を固めたと、16日にいち早くお伝えした続報です。その跡地につくる広場では現在のホームベースなどダイヤモンドの位置が分かる形で整備する計画であることがわかりました。
広島市は市民団体などから保存を求める意見も寄せられていた現在の市民球場について、ライト側外野スタンドの一部を取り壊さずに保存する方針を固めました。
跡地の中心は広場として整備しますが、現在あるホームベースや一塁ベースなどのダイヤモンドの位置が訪れた市民にも分かる形で、整備する計画であることがわかりました。
また、歴代のカープの選手や監督が使ってきたベンチも広場などで活用する計画だということです。
広場について広島市は企業が名前を付けられる命名権を募集することも検討します。
こうした跡地利用の最終計画案は週明けの19日に市議会の特別委員会で示す予定となっています。
(以上1月16日)

広島市の「最終案」について 報道まとめ
掲載日 : 2009年1月17日

県サッカー協会が球場跡地に「サッカー専用スタジアム」を要望

広島県サッカー協会が8日、
広島市に対し、現球場跡地に「サッカー専用スタジアム」を要望しました。
 
 
「サッカー専用スタジアム 要望」
広島市民球場の跡地の利用について、
広島県サッカー協会は8日、広島市に対して、サッカー専用スタジアムを建設するよう求める要望書を提出しました。
 
要望を行ったのは、広島県サッカー協会の小城得達会長など3人で、8日、広島市役所を訪れ、文書を提出しました。
それによりますと広島市民球場の跡地の利用について、広島市の調査でスポーツ施設の整備を求める市民の声が最も多かったことを指摘したうえで「スポーツ文化のシンボル拠点として引き続き発信していくことは我々協会の強い思いだ」として、サッカー専用スタジアムの建設を強く求めています。これに対して、広島市都市活性化局の濱本康男局長は「サッカー専用スタジアムは年間試合数が20程度にとどまり、市中心部ににぎわいをつくれるどうか疑問であることから、検討対象から外された経緯があり、難しいといわざるをえない」と述べました。
このあと県サッカー協会の小城会長は記者団に対して「サッカー場の建設地としては球場跡地が第一希望だが、ほかの場所についても検討を進めたい」と述べました。広島市は、市民球場の跡地に公園や集客施設をつくるとしたたたき台をもとに、1月中の計画案のとりまとめを目指しています。
(NHK広島 ニュースより)
※夕方のニュースでは各局で取り扱われると思われます
 
 
AFHでは、「現球場跡地問題」について
まずは解体を前提とする「広島市の案」をストップさせること。
ならびにサッカー専用スタジアムを軸に、広島の魅力と平和の大切さを広く訴える施設を求めていきます。
またサッカー協会との連携も進めたいと思っています。
 
みなさまにおきましては
引き続き私たちの活動にご理解ご協力をいただくとともに、
いろいろな方に周知していただき、盛り上げていただけたらと思います。

県サッカー協会が球場跡地に「サッカー専用スタジアム」を要望
掲載日 : 2009年1月8日

市議会 経済活性化対策特別委員会で「現球場跡地問題」

広島市議会は
1月19日月曜午前10時から
「現球場(広島市民球場)跡地の活用」について取り扱う予定です。
http://www.city.hiroshima.jp/gikai/g_main3.html
 
ひょっとしたら
延期となった広島市の方針が明らかになるかもしれません。
 
なお委員会は傍聴も可能のようです。
詳しくは広島市議会事務局にお問い合わせください。
http://www.city.hiroshima.jp/gikai/g_main5.html

市議会 経済活性化対策特別委員会で「現球場跡地問題」
掲載日 : 2009年1月8日