ALL FOR HIROSHIMA > ブログ

要望書内容


前回記事の続き

-----------------以下要望書内容-----------------

(件名)
旧広島市民球場の解体の再考等を求めることについて

(趣旨)
広島市が推し進めてきた旧広島市民球場跡地の利用計画(以下「跡地利用計画」という。)により、「広島の戦後復興のシンボル」である旧広島市民球場は、十分論議されることなく、その正面及び一塁側が解体され、さらにその他の部分も解体されようとしています。
解体すれば、戦後半世紀以上にもわたり、市民でつくり上げ、はぐくみ、守り通してきた「広島の戦後復興のシンボル」は、二度と元には戻りません。
 そのごく一部は保存されるようですが、市民とともに歴史を刻んできた市民球場のあるべき姿での保存や有効活用のためには、市民を巻き込んだ形で、どの場所を保存するかを議論する必要があります。
 また、市の跡地計画は、「折り鶴展示機能」や「広場」、「劇場」を中心とした公園を建設しようとする計画でしたが、これらは、一部の財界や外部有識者の意見に従ったものであり、市民の声を十分に聴き、反映したものではなく、いくつかの施設計画は新市長により白紙に戻されました。
しかし解体が決定したまま計画が白紙に戻されたのであれば、跡地への新規建設を想定した跡地利用計画が立案されることは変わらず、広島市前跡地利用計画同様、莫大な税金がかかると予想されます。
昨今の厳しい経済情勢を踏まえますと、このままでは市民に多大な負担が掛かるだけでなく、市中心部の空洞化が叫ばれる中で、広島の発展にもつながらないことが危ぐされる跡地利用計画ではなく、解体の予算執行を保留していただき、解体の是非・再活用の可能性を含めた再考を行い、多くの市民の意見が反映された、真に広島市の活性化につながる計画となるよう、再構築を図るべきであると考えます。
私たちALL FOR HIROSHIMA(オール・フォー・ヒロシマ)は、元来、この一帯が「広島の戦後復興のシンボル」である旧広島市民球場を中心としたスポーツ・文化を発信する拠点として機能してきたことを踏まえ、その一部を改修し、再活用することを前提に、跡地には、スポーツ施設「多目的サッカースタジアム及び平和・文化施設、市民の憩いの場」を整備することを提案してきました。
これは、民間資本や活力を利用して市民の負担を軽減した上で、これまで旧広島市民球場が長きにわたり積み上げてきたスポーツと文化の発信拠点を継承し、かつ広島の街の活性化を図るものです。
さらに、私たちの案は、広島市が想定する菓子博等の定期的な大型イベント、朝市、季節の花畑、屋台村などとの「共存」が可能であり、スポーツを中心に世界へ平和を訴え、都市のにぎわい・魅力も創出できると考えています。
私たちの要望、提案に対しては、多くの市民の方の御賛同を頂いていますが、旧広島市民球場の活用に当たっては、そうした「市民の声」を十分反映させることが大切です。
以上の理由により、下記の事項について、要望いたします。




1 限られた一部の人たちで決定した、市民に多大な負担を課す、「解体を前提とした」広島市の「跡地利用計画」は再考し、「広島の戦後復興のシンボル」である旧広島市民球場の再活用も含め、市民の意見を十分反映した、広島市の活性化につながる計画に再構築すること。
2 計画が具体的に確定するまでは、旧広島市民球場の解体は行わないこと。


平成23年6月15日
 
広島市長
松井 一實様
 
ALL FOR HIROSHIMA
代表 槙坪 大介  

掲載日 : 2011年6月14日