ALL FOR HIROSHIMA > ブログ

市議会本会議議決を受けまして

平素はALL FOR HIROSHIMAの活動にご理解・ご協力いただきありがとうございます。

6月22日の広島市議会本会議にて、旧広島市民球場廃止条例案が、使用期限一ヶ月延長の修正案で可決され、これにより、球場解体は現実のものとなりました。
市民の声が上がるようになった現状の中で、その声を無視して市議会で可決されたことは、大変遺憾に思っております。
ALL FOR HIROSHIMAは、これまで皆様に多大なるご支援を頂きながら署名や周知活動を展開して参りました。
また、ここ数ヶ月は(旧)広島市民球場フォーラムに名を連ね、他団体の皆様と同調しながらさらなる活動の広がりに尽力しておりましたが、力及ばず、大変申し訳なく思っております。
一旦は可決となりましたが、まだ可能性がゼロになったわけではありません。
今後どのように展開していくかはメンバー間で協議しつつ、また(旧)広島市民球場フォーラムと連携しながら模索していく所存です。
決まり次第ご報告出来ればと思います。

なお、23,295筆の署名と共に提出しました請願書「旧広島市民球場跡地の利用計画の抜本的な見直し等を求めることについて」ですが、継続審議となっております。
http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/1000000000002/1267602365647/index.html
広島市議会市政調査課に確認しましたところ、今後、採択・取下げ承認いずれかの結果が出ましたら市議会より通知があるとのことでしたので、通知が来次第ブログにてご報告いたします。
また、廃止条例案が可決にも関わらず、継続審議となっていることに関しましては、現在その理由を調査中です。
こちらも分かり次第ブログにてご報告いたします。

ALL FOR HIROSHIMAが結成されました2008年より、今まで活動を続けてこられたのはひとえに支援者の皆様、そして署名に応じてくださった皆様のご協力・ご尽力があってのことです。
ALL FOR HIROSHIMAメンバー一同、厚く御礼申し上げます。
最後になりましたが、皆様のますますのご発展をお祈りいたします。

2010年6月22日 ALL FOR HIROSHIMA メンバー一同

掲載日 : 2010年6月22日