ALL FOR HIROSHIMAブログ > 2010年5月

「(旧)広島市民球場フォーラム」のお知らせ(※内容追加)

ALL FOR HIROSHIMA事務局です。
平素は「ALL FOR HIROSHIMA」の活動にご理解ご協力いただきましてありがとうございます。

「(旧)広島市民球場フォーラム」のお知らせです。
※内容を追加しております。内容追加に伴い、5/21付けの古い情報記事は削除しました。

この度「市民の声を届ける場の実現」「性急な市民球場解体への反対」の思いを共有し賛同する個人、商店、団体が連名で声をあげる場となるフォーラムが結成されることになりました。
詳細はこちらです。
http://9shimin.jugem.jp/
もちろん、ALL FOR HIROSHIMAも賛同し、参加いたします。

フォーラム開催に先立ちまして、(旧)市民球場宣言の宣言式を行います。

■予定
日時:平成22年5月30日(日) 10:30〜12:30

●【第一部】(旧)広島市民球場宣言 宣言式 10:30 〜 11:30
場所:広島県立総合体育館 中会議場(グリーンナリーナ地下B1F http://www.sports-hiroshima.jp/hpsc/
→宣言式が終わり次第、(旧)広島市民球場へ行って、記念撮影を行います。

●【第二部】記念撮影 11:45〜12:30
11:45(旧)広島市民球場 玄関(メインエントランス)入口前集合
12:00頃撮影開始〜12:30頃(未定)終了予定

フォーラムに賛同頂ける方は是非ご参加ください。
もちろん、通しての参加が難しい方は、第一部のみでも構いませんし、第二部の球場での記念撮影からの参加でも結構です。

事前の準備のため、(旧)広島市民球場フォーラム事務局 までメールにて参加者名と、参加人数を明記の上連絡ください。
(ALL FOR HIROSHIMAのブログを見たと一言お書きください)
詳細等決まり次第、随時お知らせいたします。

また、フォーラムに賛同し、下記宣言文に賛同者として連名いただける商店の皆様や団体、または個人の方も募集しています。ただしそれは、ホームページやイベント時などに、連名として公表致しますのでご了承下さい。またこの内容は、(旧)広島市民球場フォーラムに関係のない範囲で使用することは一切ありません。

それぞれの宛先はこちらです。
9shimin@gmail.com
(旧)広島市民球場フォーラム 事務局

よろしくお願いいたします。

---------下記、宣言文---------

壊から活へ!(旧)広島市民球場宣言
〜(旧)広島市民球場フォー ラム〜

(旧)広島市民球場が壊されるかもしれないことをご存知ですか?最短でこの6月の市議会で、球場の解体が決まってしまう可能性があります。広島市の計画では、球場を解体した後、現 在の球場維持費よりも税金を投入し、跡地に商工会議所ビルを移転し、残りを緑地広場とする予定です、しかし、市が考える広場では子供たちがスポーツをする 事も出来ません。にぎわいを生み出す事も難しい。わたしたちは子供と一緒に楽しんだり、昔を懐かしんだり、友人と遊びに行ったりもできる、広島の顔となるべき場所を望んだのではないでしょうか?

 球場をただ壊すのではなく再活用する事でこそ、市民みんなが納得する素晴らしい場所にできるはずです。

 広島市は「球場は老朽化し ている」と言いますが、耐震診断を行い、その結果を広く公表したことは一度もありません。実は球場内野席の1階と2階は、ビッグアーチ開場の5年前に完成 したものです。古いのは内野席1階の一部分と外野席であり、老朽化が進んだ部分も一部ある、というのが正しいのです。

 また、みなさんは「維持費が何億円もかかる」と聞いた事はないでしょうか?実際は、年間維持費は約 4500万円/年であり、アマチュアでの利用料として1600万円の使用料収入が実績としてあります。参考として、大きな緑地公園と木立を有する中央公園 は、年間約2億円程度の維持費がかかっています。緑地にすれば維持費が安くすむわけではありません。

 みなさんご承知のように、市民球場はカープの本拠地でした。「新球場があるけえ、もう野球場はいいよ」という声もありますが、球場の一部や全体を再活用する事で、むしろ野球 以外の用途に広く使えるのです。例えば、市は「跡地で音楽イベントをやる際には、音が漏れないように屋根付きステージを設ける必要がある」としています が、内野席を活用すれば騒音問題はクリアできます。

 「民間活力を用いて150万人の賑わいをもたらす」という市の約束はどうなったでしょうか。実際に は事業費33億円中、30億円を市民が負担する事になっています。また、市が選んだ有識者研究会の報告では「市の計画のままでは150万人に賑わいは難し い」と結論を出しています。このように様々な点で、広島市の計画には疑問点があります。

 広島市は「市民球場解体は、ほとんどの市民が納得している」と言いますが、地元市民の多くは市から 直接説明を受けた事もなく、意見を述べる場も用意されていません。多くの市民は納得していませんし、みなさんもそうではないでしょうか?

 わたしたちはあの場 所をどうしていくべきかを話し合うため、誰でも参加できる市民フォーラムを結成します。疑問だらけの市の計画に対し、これまで様々な代替案がでましたが、 いずれも自分の案を主張するばかりで、連帯することはありませんでした。しかしこれからは違います。

 わたしたちは、まず球場の性急な解体に反対します。

 さらに、自らの案と、他人の案をどこかの点で折り合わせ、一つの案にまとめようと譲り合いの心を持 ち、知恵を出し合います。原爆からの復興で市民が一つになって市民球場を作り上げたように、今わたしたちも一つになって、あの場所の未来を話し合いましょう。ここに、その意思を(旧)広島市民球場宣言として提唱します。

「(旧)広島市民球場フォーラム」のお知らせ(※内容追加)
掲載日 : 2010年5月23日

「(旧)広島市民球場フォーラム」のお知らせ

http://all-for-hiroshima.com/blog/20100523.shtml

内容に追加が出たため、詳細は上記記事に改めて記載し再度アナウンスしております。
お手数をおかけして申し訳ありませんが、こちらをご確認ください。

「(旧)広島市民球場フォーラム」のお知らせ
掲載日 : 2010年5月21日