ALL FOR HIROSHIMA > ブログ

広島市が市民球場跡地の具体化に向け、9月議会に予算案再提出!?

「旧市民球場跡地利用 具体化検討費を再提案へ」
広島市、年度末まで閉鎖延期
旧広島市民球場(中区)跡地利用計画で、
市が、25日開会の市議会定例会に補正予算案を再提案する方向で調整していることが3日、分かった。本年度当初予算から削除された「計画具体化の検討費用」。10月末を予定した旧球場の閉鎖は本年度末まで延期し、必要となる管理運営費も計上する。
計画具体化の検討費用は、3月の定例会で削除された予算案と同額の1930万円。緑地や広場の整備内容を検討し、イメージパースを作成する。平和記念公園など周辺施設との回遊性向上について技術的検討も進める。
市は当初、球場の閉鎖後、今秋にも解体工事に着手する予定だった。しかし、関連予算の削除で計画具体化の検討が進んでない現状では、早期の解体着手は難しいと判断。旧球場の閉鎖時期を本年度末まで延ばし、イベントなどでの活用を続ける方向である。ただ、検討作業の進み方次第では、解体着手の前倒しも視野に入れる。
市の利用計画は、旧球場跡地を中心とする5・5ヘクタールを活用。緑地公園を整備し、折り鶴展示施設(折り鶴ホール)を配置。球場スタンドの一部を残すほか、劇場などの構想も描く。
計画をめぐっては、市議会に集客力や折り鶴ホールの必要性への疑問が根強い。市議会は3月の定例会で、一般会計当初予算案から具体化の検討費用を削除する一方、保存対象となる一部スタンドの耐震診断や、測量費用などは認める修正案を賛成多数で可決した。
(9・4 中国新聞より
http://www.chugoku-np.co.jp/kikaku/carp/2009/shiminkyujo/20090904.html)
 
また
「旧市民球場“閉鎖時期を延期”」
旧広島市民球場を閉鎖する時期について、広島市の秋葉市長は、4日の記者会見で、跡地利用の計画の進み具合を見極めたいとして、ことし10月末の予定を延期する考えを示しました。
旧広島市民球場の跡地利用をめぐっては、広島市が10月末に閉鎖したあと、4年後の西暦2013年までに広場や折り鶴の展示施設などを整備する計画を打ち出しています。
これに対し市議会側は「地元の意見を十分に聞いていない」として、計画を具体化する費用を認めていません。
こうした中、秋葉市長は4日の記者会見で、旧市民球場の閉鎖時期について「計画の具体的な進展にあわせて、工事の着手や予算化の時期を見極める必要がある」と述べて、10月末としていた閉鎖時期を延期する考えを示しました。その上で、9月25日に開会する市議会に提案する補正予算案に、計画を具体化する費用を盛り込むかどうかについては「検討している」と述べるにとどまりました。
(NHKニュースより)
 
 
ただ
商工会議所の菓子博誘致
週末の一部団体のシンポジウム
そして9月議会への跡地計画関連予算提出…
広島市が動き始めようとしているのは間違いありません。
 
2005年の秋からの4年弱、
広島市は多くの時間と費用をかけながら
決まっているのは折り鶴展示施設と広場の整備のみ。
未だに“球場跡地の具体的なプラン”を描けることが出来ません。
しかも最終的には100億円前後とも言われる建設費とその後のランニングコストという
莫大な負担を市民に強いるものです。
 
市民の多くは、広島市の計画とは別のプランを支持しているのは明らかです!
それは去年秋に広島市が行ったアンケートや今年春に地元新聞社が行ったアンケートからもわかります。
菓子博のような大型イベントは頻繁にはありません。
「朝市」や「フリーマーケット」、「移動式のサーカス」、「ラジオ体操の場所」などで本当に150万人の集客が見込めるのでしょうか?
 
ALL FOR HIROSHIMAは
引き続き広島の一等地にあたる球場跡地を
広島の未来と発展につなげることができる施設
市民球場を活用したフットボールパークの実現に向けて邁進していきます。
 
皆さまの力添えが必要です
今後ともご理解とご協力をよろしくお願いします。

掲載日 : 2009年9月04日