ALL FOR HIROSHIMAブログ > 2009年9月

あす市議会で論戦スタート!

ALL FOR HIROSHIMA事務局です
「All FOR HIROSHIMA」(以下AFH)の活動に
いつもご理解ご協力いただきましてありがとうございます。
 
29日、TSSで球場跡地問題が特集されました。
http://www.youtube.com/watch?v=G_nghPfg2aY
その内容ですが、
・商工会議所と一部商店街の「菓子博誘致」の希望、広島市もそれに乗って議会に「調査費」予算を再計上。
・しかし商店街の足並みに乱れ。
 商店街のえらい人たちは「商工会議所に任せたので…」と口をつぐみ始めた。
 一方で多くの店はお客や売上の大幅減に悩み、市の計画に不満をあらわにしている。
・また先日の球場利用の抽選に訪れた人も「球場を残してほしい」と口々にする。
・そんな中、AFHと広島青年会議所(JC)の専用スタジアム案が紹介され、AFH代表のインタビュー紹介されました。
 
またこれまでのAFHの取材で
商工会議所と広島市が誘致しようとしている
2013年の全国菓子大博覧会について
・正式決定は年度内だがいくつかの都市が誘致を取り下げ広島しか残っていない
・会場については球場跡地だけでなく、中央公園や広島城周辺も使う。
 球場解体が条件では決してなく、会場として緑地や広場にこだわっているわけでもない
という情報が入ってきました。
 
また商店街に関してですが
今回のTSSの企画で商工会議所や中振連などの主張がなかったのは
“取材を断った”のではないかと推測されます。
2月に「球場跡地利用検討協議会」を立ち上げ
「緑地や広場でにぎわいが生まれるとは思えない。見直しを実現させたい」と吠えていたのにいったいどうしたのでしょうか?
http://www.chugoku-np.co.jp/kikaku/carp/2009/shiminkyujo/20090213.html
 
またそれをうけて一部商店街を支援してきた市議たちが
激怒しているという情報も入ってきています。
 
  
4年前にスタートした跡地利用検討。
AFH代表がインタビューでも話していた通り
その検討経過が非常に不透明なもので、市民の意見が反映されているものでは決してありません。
ここにきて「商工会議所移転」、「菓子博開催」などまったく関係ない要素をむりやり反映させ、
広島市と一部の財界や一部の商店街の人たちが早期決着をもくろんでいます。
それを絶対に許すことはできません!
広島市民球場は、一部の人たちのおもちゃじゃないのです!
 
広島の未来にとって
球場跡地にどんなものが本当にふさわしいのか。
広島市議会には本当の良識を持ってこの問題に対処することを強く希望します。
またマスコミにはこれまでの経緯をきちんと検証し、
広島の将来のことを見据えた取材を強く望みます。
 
 
市民に多大な負担を強いる今の広島市の計画では
広島の発展は望めませんし、
広島市が本来意図する平和発信にはつながらないとAFHは考えます。
もう一度幅広い市民の声を取り入れた計画の抜本的な見直しを私たちは訴えています。
そのためにも、広島市の計画をとめなければいけません。
それには皆さまの今まで以上のご理解と今まで以上のご協力が必要です!
 
まずは「皆さんの声」を形として届けるための署名が必要です。
ぜひ集めてAFHまで届けてください。
http://all-for-hiroshima.com/001/cms/download-1.shtml

他にも、地元の市議はもちろん
県議、国会議員、有力者などへの働きかけ。
マス・メディアへの働きかけも必要です。
またこの問題をいろいろな人たちに広め、議論をしていただきたいのです。
 
30日から調査費をめぐる論戦が市議会で本格的に始まります
さあ、広島と私たちの明るい未来にむけて一緒に闘いましょう!

あす市議会で論戦スタート!
掲載日 : 2009年9月29日

29日、TSSで球場跡地関連の特集あり

ALL FOR HIROSHIMA事務局です
「All FOR HIROSHIMA」(以下AFH)の活動に
いつもご理解ご協力いただきましてありがとうございます。
 
先日TSSテレビ新広島から取材を受けました。
その様子など、旧広島市民球場跡地利用問題についての特集が
TSSスーパーニュースで放映されるそうです。
ぜひご覧ください。
9月29日(火)17:55〜19:00
TSSスーパーニュース
(18:20分ぐらいからでしょうか?)
 
なお地元マスコミの皆さまには
球場跡地問題に関し、今まで以上に取り扱っていただき
この問題を多くの方に知らせていただきたいと思います。
(当然、多角的かつ公平な取材をお願いしたいのは言うまでもありません)
 
またこの問題に興味のある方や私たちAFHに賛同される方は
ぜひ在広のマスコミや広島市議会の議員、
そして広島市や商工会議所をはじめ、いろいろなところに働きかけをお願いしたいと思います。

29日、TSSで球場跡地関連の特集あり
掲載日 : 2009年9月28日

広島市議会始まる

ALL FOR HIROSHIMA事務局です
「All FOR HIROSHIMA」(以下AFH)の活動に
いつもご理解ご協力いただきましてありがとうございます。
 
25日広島市議会9月定例会が始まりました。
議案説明の場で秋葉市長は
「2013年の菓子博開催誘致の要望が商工会議所からあったため
早急に跡地計画の事業を推進する必要があることから
緑地広場や各種機能導入などの具体的な検討を進めるために
必要な経費を計上した」と説明しました。
 
全国菓子博覧会については、
これまで開催された都市などから
旧広島市民球場だけでなく、広島城周辺や中央公園も会場として利用されるものと推測されます。
その部分から考えると、あせって球場を解体する必然性が認められません。
  
毎年活況のフードフェスタ、
今年はその一部が旧広島市民球場を会場にする予定になっています。
またこれまでも「島根フェア」や「サウンドマリーナ」の会場として使用された実績があります。
実際たくさんの座席もありますし、一部には屋根もあって雨風をしのぐことができて好評を博したといわれています。
 
また今年行われたサウンドマリーナはこれまで会場として使われた“空き地”と違い、
座席やビジョンなどがあったこともありかなりの経費節減につながったという話がありました。
さらに“平和の聖地”のそば、そして“広島のシンボル”という会場ということもあって、多くのアーティストから“あの場所で歌いたい”というラブコールがあったといわれています。
  
それもこれも“広島市民球場”という施設のメリットとみりょくがあるからこそ。
それをあえて急いで壊すという必然性がどこにあるのでしょう?
秋葉市長や商工会議所の一部の人間が“政争の具”にするために利用しているだけではないのでしょうか?
 
9月30日〜10月2日は一般質問。
その後も委員会などがあります。
ぜひ市議会ではそのあたりを徹底的に議論していただきたいと思います。
また、賛同される皆さんには
いろいろなところに働きかけを行っていただきたいと思います。
  
「広島市民球場」は一部の人たちのおもちゃじゃないんです!!
 

※また一部マスコミはごく一部の動きしか報道をしていません。
 私たちを含む幅広い意見を取材し、紹介をすべきです。
 (そもそも自社で大々的に行ったアンケートの結果を発表しないんですか?)
 
※今回の議会はもう一つ注目点があります
 休会中の10月5日からの広島市基本構想・基本計画特別委員会にも注目です。

広島市議会始まる
掲載日 : 2009年9月25日

「経済リポート」のコラムに「球場跡地利用」

経済リポート(http://keizaireport.co.jp/)のコラムに
「都市活性」という題目で、
「福岡の地下街とシャレオの比較」と「跡地利用の件が触れられている。
 
跡地に関しては
・市街活性化の肝
・人が集まる施設において
 市民からサッカースタジアムなどの名案が上がっている
 それも検討されるべき
・普段はサッカー場で時に野外音楽堂など多目的な屋外イベント施設にすれば
 平和という言葉に誘われ海外を含む大物アーティストが訪れ
 集客に貢献する可能性あり
・そういった夢のあるプランを描き実行に移せる人材が広島に不足している悲しい状況が続いている
・折り鶴館など論外だと力説したい

「経済リポート」のコラムに「球場跡地利用」
掲載日 : 2009年9月25日

さあ闘いましょう! 〜あすから広島市議会

あす25日から広島市議会の9月議会が始まります。
注目すべき点の一つは「旧広島市民球場跡地問題」でしょう。
解体は来年3月末まで見送りとなることが濃厚ですが
2月議会で否決された「調査費」(1930万円)を追加予算として計上しています。
  
「市民の声を聞くためのもの」
「案を具体化するためのもの」と広島市が説明する調査費、
具体的なプランを市民に説明するためのイメージ図の制作費に多くをに充てるようですが、
約4年の長い年月と多くのお金をかけて考えたはずなのにイメージ図すらなかったのかということはともかく、
その“市民”がいったい“だれ”なのかも含め、
市議会できちんとあきらかにしてもらいたいと思います。
(またその「市民」がALL FOR HIROSHIMA(以下、AFH)が指摘しているような、ごく一部の人たちでないことを祈りたいと思います)
  
また市議会での議論が
「広島の輝かしい未来」につながるものであることを切に願います。
広島の未来にとって
球場跡地にどんなものが本当にふさわしいのか。
広島市議会には本当の良識を持ってこの問題に対処することを強く希望します。
またマスコミにはこれまでの経緯をきちんと検証し、
広島の将来のことを見据えた取材を強く望みます。
 
 
市民に多大な負担を強いる今の広島市の計画では
広島の発展は望めませんし、
広島市が本来意図する平和発信にはつながらないとAFHは考えます。
もう一度幅広い市民の声を取り入れた計画の抜本的な見直しを私たちは訴えています。
そのためにも、広島市の計画をとめなければいけません。
それには皆さまの今まで以上のご理解と今まで以上のご協力が必要です!
 
まずは「皆さんの声」を形として届けるための署名が必要です。
ぜひ集めてAFHまで届けてください。
http://all-for-hiroshima.com/001/cms/download-1.shtml

他にも、地元の市議はもちろん
県議、国会議員、有力者などへの働きかけ。
マス・メディアへの働きかけも必要です。
またこの問題をいろいろな人たちに広め、議論をしていただきたいのです。
 
さあ、広島と私たちの明るい未来にむけて一緒に闘いましょう!

さあ闘いましょう! 〜あすから広島市議会
掲載日 : 2009年9月24日

広島青年会議所、球場跡地にサッカー専用スタジアムを提案

9月9日、
広島の未来の経済界を担う30代中心の企業経営者で組織する
広島青年会議所(JC)が「広島夢未来地図」を発表しました。
 
この「広島夢未来地図」は、交通や環境、子供たち、スポーツ、そしてもちろん平和も含め、
市民にもっと“街づくり”を一緒に参加し考えてもらおうと、
12のプランを“広島の未来像”として提案しています。
例えば、アストラムラインの環状線化や路面電車をマツダスタジアムまで延伸する路線を提案。
また広島駅北口を木々で埋め尽くしたり、広島市森林公園周辺に教育施設や小児医療施設を誘致することなどを
わかりやすいイラストで表現しています。
 
中でも注目が旧広島市民球場の活用方法。
JCは、現状の球場の施設を活かした
高校野球の試合も可能なサッカー専用スタジアムを提案しています。
施設は折り鶴や折り鶴をかたどったモニュメントで飾り、“球場”から平和を発信したいとしています。
 
この考え方、ALL FOR HIROSHIMAが提案するサッカー専用スタジアムとよく似ていますね。
JCでは、“広島夢未来地図”をきっかけに
「広島の街づくりや球場跡地の議論がもっと活発になってほしい」と期待しています。
 
 
「球場跡地」に関するこの“JCの提案”は非常に意義深いのではないでしょうか。
現在、広島市は球場跡地に関連して、
「経済界や周辺商店街、市民の合意は得られた」といいながら
“ごく一部の経済界”と“ごく一部の商店街のメンバー”のみで話を進めようとしていますが、
少なくとも「経済界すべてが広島市の計画に賛成している訳ではない」ということがはっきりしました。
 
先に行われた球場跡地利用に関するシンポジウムにも参加された著述業・文化活動家の東琢磨さんは、
かねてから球場跡地利用に関してこうかたっています
「広島の明日や未来を語るのに、明日や未来を担う若者や子供の意見が取り入れられないのはおかしい」
 
それだけに若い企業経営者が集うJCの提案の意義は非常に大きいと思われます。
ぜひ、これをきっかけに球場跡地に関する議論の広がりを期待するとともに、
広島市はきちんといろいろな意見を聞き、広島市の将来や広島の人々のためになる跡地計画にしてもらいたいものです。

広島青年会議所、球場跡地にサッカー専用スタジアムを提案
掲載日 : 2009年9月23日

7/26のフォーラムの議事録を掲示しました

AFH事務局です。

7月26日のフォーラムの議事録を掲示いたしました。
下記からダウンロード願います。

2009年7月26日 フォーラム議事録 (PDF形式,359KB)

お問い合わせ、疑問等ありましたらkanri@all-for-hiroshima.comまでお願いいたします。

7/26のフォーラムの議事録を掲示しました
掲載日 : 2009年9月19日

“非常識”なのは誰なのか? 〜広島市、旧市民球場跡地利用具体化調査費を再提案

報道や広島市のホームページによると
旧市民球場跡地に関して広島市の秋葉市長は15日に記者会見を行い、
9月議会で具体化にむけた調査費を再提案することを表明した。
また年内の解体はむずかしいとして来年3月末まで解体を見送ることも発表した。
この調査費(1930万円)は、2月議会で市議会から「市民の声を十分に聞いていない」と削除されたもの。
また来年3月までの管理運営費は764万円。
調査費が市議会で同意を得られるかどうかについて
秋葉市長は
「常識ではわからないようなことをおっしゃるみなさん(議員)の理屈はわからないので、結果がどうなるかはわからない」と述べた。 
 
 
この記者会見で秋葉市長は
「この問題は時間をかけて検討してきた。
市民の声を聞こうとする調査費なのになぜ削られるのかわからない」と従来からの考えを繰り返してのべ、議会への不満を隠しませんでしたが、
「非常識」なのはいったいどちらなんでしょうか?
 
以前からALL FOR HIROSHIMA(以下、AFH)が指摘していますが、
広島市の計画は多くの時間と費用をかけながら
決まっているのは折り鶴展示施設と広場の整備のみ。
未だに“球場跡地の具体的なプラン”を描いているとは言えません。また現時点で判明しているだけでも約30億円、
最終的には100億円前後とも言われる建設費とその後のランニングコストという莫大な負担を市民に強いるものです。
また「市民の声を聞くためのもの」とする調査費は
その多くを周辺の商店街などに説明するためのイメージ図の制作費用に充てるようですが、
その“商店街”とは、商工会議所にすべてを一任してしまった一部の人たちのことなのでしょうか。
いつから「商工会議所」や「一部の商店街」が
周辺地域の、そして市民の代表者になったのでしょうか?
 
「朝市」や「フリーマーケット」、「移動式のサーカス」、「ラジオ体操」などで
本当に150万人の集客が見込めるのでしょうか?
菓子博のようなビッグイベントは毎年あるわけではありません。

先日青年会議所が
「市民球場跡地にサッカー専用スタジアムや高校野球ができるスタジアムを」と提案するなど
広島の財界にもいろいろな意見があることが改めてわかりました。
 
広島の未来にとって球場跡地にどんなものが本当にふさわしいのか…
常識でわからないことをおっしゃるのはいったい誰なのか…
 
秋葉市長と広島市は
一部の市民と物ごとを進めるのではなく、多くの市民の声をもっと聞くべきではないでしょうか。
  
広島市議会には本当の良識を持ってこの問題に対処することを強く希望します。
またマスコミにはこれまでの経緯をきちんと検証し、
広島市の矛盾をきちんと突き、
広島の将来のことを見据えた取材を強く望みます

“非常識”なのは誰なのか? 〜広島市、旧市民球場跡地利用具体化調査費を再提案
掲載日 : 2009年9月15日

9/12(土)横浜F・マリノス戦 署名活動中止のおしらせ

ALL FOR HIROSHIMA事務局です。
平素はAFHの活動にご理解を頂き、ありがとうございます。

本日は雨天のため署名活動・チラシ配布は中止とさせていただきます。

以上、よろしくお願いいたします。

9/12(土)横浜F・マリノス戦 署名活動中止のおしらせ
掲載日 : 2009年9月12日

9/12(土)横浜F・マリノス戦 活動サポーター募集!

 

ALL FOR HIROSHIMA事務局です。
平素はAFHの活動にご理解を頂き、ありがとうございます。

下記の日程にてビッグアーチでの横浜F・マリノス戦にいらっしゃる方への署名活動とチラシ配布を行います。
広島市議会の9月定例議会に合わせた時期を目標として、9月中に署名を提出する予定です。
そのため、今回がビッグアーチでの最後の署名活動になるかもしれません。
みなさま、ぜひぜひ! ご協力をよろしくお願いいたします。

【活動日時・場所】
9月12日(土) 13:00〜
場所/広島ビッグアーチ周辺
活動拠点/正面入り口を左に曲がり4つめの植え込み、青いのぼりが目印となります。(写真参照)
活動場所/ホーム側、アウェイ側、活動拠点周辺、正面の坂途中、投てき場周辺などの予定ですが、参加人数により当日確定いたします。

【活動内容】
1.署名活動
2.チラシ配布

◆チラシ&署名用紙のプリントサポーターも同時に募集しております!!何枚でもかまいません。当日、AFHメンバーにお渡しください。
下記のものをダウンロードし、プリントアウトしてください。
AFHチラシ
フットボールパークチラシ(表)
フットボールパークチラシ(裏)
署名用紙

◆当日ご協力いただける方は活動拠点等でAFHメンバーに声をおかけください。メンバーは黄色いビブスを着用しております。

◆活動する場所は当日の状況で決定いたします。AFHメンバーの指示に従ってください。

◆まだまだ暑い時期ですので、熱中症対策は十分に行ってください。

◆個別での質問などある場合は以下のメールアドレスまでお願いいたします。
 kanri@all-for-hiroshima.com

◆荒天の場合は中止とします。中止の場合はこちらのblogにて中止の旨お知らせする予定です。

大勢の観客に対して人手が足りませんので、ぜひ活動サポーターにご参加ください!

以上、よろしくお願いいたします。

9/12(土)横浜F・マリノス戦 活動サポーター募集!
掲載日 : 2009年9月05日