ALL FOR HIROSHIMAブログ > 2009年5月

カープOB 木下富雄さんからメッセージをいただきました!

ALL FOR Hiroshima事務局です
「All FOR Hiroshima」(以下AFH)の活動に
いつもご理解ご協力いただきましてありがとうございます。
 
広島東洋カープOBで野球解説者でも有名な
木下富雄さんからメッセージをいただきました。
 
 
広島カープが育った場所、そして私が成長した(旧)広島市民球場がなくなってしまうかもしれないというニュースを聞いて、
とてもさびしく思っていました。
あそこでプレイし、数々の思い出がある市民球場…
当然残ってくれた方がうれしいに決まっています。
 
カープがいなくなったとしても
高校野球の予選などの試合をする場所が必要です。
また社会人の選手やチームがゲームをする球場も必要です。
もともとあの場所は、スポーツで広島の発展に寄与し、平和を発信する場所でした。
そういう意味では、わざわざ解体して広場やまったく関係のない施設を作ろうとする広島市の計画には反対です。
 
そういう想いを持っていた時に、
「ALL FOR HIROSHIMA」のアイディアを伺いました。
確かに野球とサッカーは違います。
でも、スポーツを通して広島を活性化させること、
そしてあの場所で平和を訴えていくという目的は変わりません。
 
私が協力できることはなんでもしたいと思っています。
木下富雄

カープOB 木下富雄さんからメッセージをいただきました!
掲載日 : 2009年5月29日

カープOB 高橋慶彦さんからメッセージをいただきました!

ALL FOR Hiroshima事務局です
「All FOR Hiroshima」(以下AFH)の活動に
いつもご理解ご協力いただきましてありがとうございます。
 
広島東洋カープOBで
千葉ロッテマリーンズのコーチでもある
高橋慶彦さんからAHFにメッセージをいただきました。
 
 
とにかく僕は「人間」が好き。
そして、人間にとって一番大切なものは「人」だと思います。
 
僕にとって広島市民球場は「自分を表現する“舞台”」でした。
舞台は「人が動く場所」。人が「自分を表現する場所」だと思います。
確かに“舞台”は人によってまちまちです。
でもその「舞台」は、努力をしてきちんと技術を身につけた人だけが
立つことができる“場所”ではないでしょうか。
 
技術をつけるためには、「人とどう接するか」、そして「人とどう付き合うか」が大切です。
僕は古葉(竹識)さん、山本一義さんなどにしごかれてここまで来ました。
広島市民球場は、僕を表現する場であったと同時に、成長の場でもありました。
古葉さんや山本一義さんという「人」と出会ったから、この「舞台」に立つことができたのです。
 
広島は原爆で大きな傷を負い、長い間人間が住むことができないと言われながらも、
ここまで素晴らしい復興を遂げました。その復興に貢献したのもやっぱり「人」です。
また広島市民球場ができたときも、そして今回新しい球場ができたときも、
樽募金などでたくさんのお金が集まりました。その原動力も「人」です。
そして広島市民球場でカープが歴史を刻むことができたのも、
選手や監督、スタッフ、そしてなによりもファンという「人」がいたからです。
人が舞台をつくり、そして支え、さらにその舞台で人が動いて自分を表現する…
いろんな「人」があの場所で出会い、接していたからこそ
広島市民球場で数々の感動が生まれたんだと思います。
 
広島市民球場は僕と同い年。52年の歴史と感動を重ねてきました。
その歴史と感動を広島の人たちに大切にしてもらいたい。
「温故知新」という言葉がありますが、その歴史を大切にしないと広島の「未来」はやってこないと思います。
「モノ」では人の心を動かすことは絶対にできないでしょう。
 
願わくば、広島市民球場で僕たち選手のプレイによって感動してくださった人たちが
「これが昔カープが試合をしていた市民球場だよ」と子供や孫に話すときに
小さな子供たちがすぐに「球場」だとわかるような具体的な建物が残っているような場所であってほしいなと思います。
 
僕は「ALL FOR HIROSHIMA」の趣旨に賛同します
高橋慶彦

カープOB 高橋慶彦さんからメッセージをいただきました!
掲載日 : 2009年5月29日

5/30,6/7 広島ビッグアーチでのチラシ配布、署名活動 ご協力のお願い

 

ALL FOR HIROSHIMA事務局です。
平素はALL FOR HIROSHIMAの活動にご理解を頂き、ありがとうございます。

下記の日程にて署名活動を行います。
是非とも、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。

【活動場所・日時】
広島ビッグアーチ周辺
05月30日(土) 10:30〜13:00
06月07日(日) 09:30〜12:00
集合場所・活動拠点:正面入り口を左に曲がり4つめの植え込み、青いのぼりが目印となります。(写真参照)

活動場所:ホーム側、アウェイ側、活動拠点周辺、正面の坂途中、投てき場周辺などの予定ですが、参加人数により当日確定いたします。

【活動内容】
 1.チラシ配布
 2.署名活動

 ※ちらし&署名用紙のプリントサポートも同時に募集しております!!

◆個別での質問などある場合は以下のメールアドレスまでお願いいたします。
kanri@all-for-hiroshima.com
◆荒天の場合は中止とします。中止の場合はこちらのblogにて中止の旨お知らせする予定です。

※当日協力していただける方は集合場所でスタッフにお声をかけてください。

以上、よろしくお願いいたします。

5/30,6/7 広島ビッグアーチでのチラシ配布、署名活動 ご協力のお願い
掲載日 : 2009年5月28日

旧市民球場で産直イベント、広島市が7月の開催計画発表

RCCのニュースより
 
5月21日(木)
広島市の中心に位置する旧広島市民球場で、地元で作られた野菜などを販売する産直市の開催計画を広島市が発表しました。これは、広島市議会の経済環境委員会で明らかにされたものです。
 
市の計画によりますと、7月4日の土曜、相生通りに面した旧広島市民球場正面入口前のスペースで、県内で作られた野菜などを販売する産直市を開くということです。
また、球場の内野スタンドではアユの塩焼きなどを実演販売することにしています。グラウンドではカープ選手OBとのふれあいイベントも計画されています。
 
「やってみんとわからんのですが、そのことによって地域のにぎわいがでてくるんじゃないですか。市長が言われる150万いう集客がでてくるんじゃないか思うんですが」(自民党新政クラブ 宮本健司市議)
 
議員からは一過性のイベントではなく、継続した取り組みが必要だという意見がでました。
 
「それまで(解体まで)の間はできるだけ有効に活用して、そのあとイベント広場に使うということですから、今後も考えていきたいと思います」(広島市経済局 藤本誠局長)
 
 
 
これはAFHが提案するフットボールパークでもできますし、
中央公園でもできるイベントですよね?
 
あの市民球場があった場所だからできるイベントのアイディアを広島市は持ち合わせていないんでしょうか?
(ラジオ体操を考えているぐらいだからないか…)
 
私たちAFHは今後も
あの場所だからできる市民球場を活用したフットボールパークの実現に向けて邁進していきます。
今後ともご理解とご協力をよろしくお願いします。

旧市民球場で産直イベント、広島市が7月の開催計画発表
掲載日 : 2009年5月25日

かみあわぬ議論…

ALL FOR Hiroshima事務局です
「All FOR Hiroshima」(以下AFH)の活動に
いつもご理解ご協力いただきましてありがとうございます。
 
ここ10日ほど、地元の新聞が面白いですね。
投書欄にある男性からの投書が掲載されました。
広島市から返答があったのですが、
結局“結論ありき”で話が進んでいることや、
“想定問答”通りの返答なので、全くかみ合っていませんね。
 
  
 
 
2009年5月18日 中国新聞 “広場”
『折り鶴施設の再考を』 郷土史家 74歳男性
 
 旧広島市民球場の跡地利用の一環として、折り鶴展示施設を造る計画があるようだ。もともと折り鶴は、原爆で被爆して死に直面した少女が生への祈りを込めて折った。死後、平和公園の一画に御霊を慰めるために祭られ、修学旅行生らが祈りとして折り鶴をささげるようになった。 
 このような経緯からすると、球場跡地に折り鶴展示施設を造り、にぎわいを誘導するなどということは折り鶴の少女をはじめ、原爆犠牲者への冒涜もはなはだしい。球場跡地への建設に再考を促したい。 
 むしろ、旧日銀広島支店の建物を、折り鶴の館にかいぞうしてはどうだろうか。原爆の被害にも耐えてきたかかわりの深い建物でもあり、すでに何十万羽の折り鶴が保管されている。現在、十分に利用されているとは思えない場所を生かすためにも考慮の余地があろう。
 球場跡地を公園緑地にとの計画もあるようだが、それには県立体育館北側の中央公園を整備しての活用することも考えられるのではないか。
 ここには広島人の平和の原点ともいうべき軍縮推進の首相加藤友三郎の銅像や、原爆作家大田洋子の石碑もあり、平和発信には、またとない場所と思われるのだが。
 
 
 
それに対する答え
2009年5月22日 中国新聞“広場”
『平和を思う場目指す』 「折り鶴施設の再考を」にお答え
広島市都市活性化局都心再開発部旧市民球場跡地担当課長
杉山 朗
 
 十八日付広場欄に掲載された旧広島市民球場の跡地利用について
「折り鶴展示施設を作り、にぎわいを誘導するなどということは折り鶴の少女をはじめ、原爆犠牲者への冒涜もはなはだしい」との意見は、誤解があると思われますので、市の取り組み状況を説明します。
 球場跡地については、一月に「跡地利用計画」を作成しました。
 跡地の中央部に多くの人が利用できる広場を設け、さまざまなイベントの実施などによって、
年間を通じたにぎわいの創出を図ることとしています。
 計画に盛り込んだ折り鶴ホールは、平和のシンボルである折り鶴を展示するとともに、音楽などのアートを中心としたイベントが出来る施設です。
 選考委員会で高い芸術性を有すると評価され、平和への思いや未来の希望を多くの人に実感してもらう施設です。
 旧市民球場は平和記念公園などとともに、戦災復興のシンボルとして整備された中央公園内にあります。
 中央公園は、市の個性と魅力ある都市空間の形成に大きな役割を果たしてきており、球場跡地については引き続き、都市公園として利用することとしています。  
 
 
さて
そもそも筋が通っているのはどちらでしょうか?
広島のこれまでの流れを汲んでいるのはどちらでしょうか?
男性の意見には、
広島市がその論を二転三転させた「中央公園との“回遊性”」に関してもすばらしい提言がなされています。
 
市民の声を無視した形の計画は、
いずれ大きなしっぺ返しを食らうでしょう。

かみあわぬ議論…
掲載日 : 2009年5月25日

一時署名回収のお願い

ALL FOR HIROSHIMA事務局です。

6月上旬をメドとして一旦、署名を回収し、
最新の署名数を集計したいと考えております。
署名用紙がまだ手元にある方は、6月上旬までにAFHまでお送りください。
送付方法は以下の4つがあります。

・事務所に郵送していただく。 → 事務所はコチラ

・V-POINTに預けていただく。 → 地図はコチラ

・協力店さまに預けていただく。 → 協力店さまの一覧はコチラ

・ビッグアーチにて実施している署名活動にて、AFHメンバーに渡していただく。
 (直近では5/30、6/7を予定しております。詳細は後日掲載いたします)

皆様のご協力に感謝いたします。よろしくお願い致します。

一時署名回収のお願い
掲載日 : 2009年5月23日

5/16 広島ビッグアーチでのチラシ配布、署名活動 ご協力のお願い

 

ALL FOR HIROSHIMA事務局です。
平素はALL FOR HIROSHIMAの活動にご理解を頂き、ありがとうございます。

下記の日程にて署名活動を行います。
是非とも、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。

【活動場所・日時】
広島ビッグアーチ周辺
05月16日(土) 12:30〜15:00
集合場所・活動拠点:正面入り口を左に曲がり4つめの植え込み、青いのぼりが目印となります。(写真参照)

活動場所:ホーム側、アウェイ側、活動拠点周辺、正面の坂途中、投てき場周辺などの予定ですが、参加人数により当日確定いたします。

【活動内容】
 1.チラシ配布
 2.署名活動

 ※ちらし&署名用紙のプリントサポートも同時に募集しております!!

◆個別での質問などある場合は以下のメールアドレスまでお願いいたします。
kanri@all-for-hiroshima.com
◆荒天の場合は中止とします。中止の場合はこちらのblogにて中止の旨お知らせする予定です。

※当日協力していただける方は集合場所でスタッフにお声をかけてください。

以上、よろしくお願いいたします。

5/16 広島ビッグアーチでのチラシ配布、署名活動 ご協力のお願い
掲載日 : 2009年5月12日

広島市中心部に“球場移転”の悪影響が…

ALL FOR Hiroshima事務局です
「All FOR Hiroshima」(以下AFH)の活動に
いつもご理解ご協力いただきましてありがとうございます。
 
広島市民球場が広島駅近くに移転してから1ヶ月が経ちました。
広島市中心部の人の動きなど、いろいろな部分で影響が影響が出ることが予想されていましたが…

カープの試合後は何時も観戦後の人たちで賑わう
「本通り商店街」のいろいろなお店の方にお話を伺うと
「悪い影響」がたくさん出てきているようです。
  
いくつかの飲食店のスタッフの方にお話を伺うと
「デーゲームやナイターなど、ゲーム終了後の人の量がかなり減ってしまった」
「人通り自体が減ってきている」
「それでもデーゲーム後は来ていただけるが、ナイター後はまったく…」
さらにその影響を見越して、商売を辞めたところも出てきています。
 
まら商店街を束ねていらっしゃるかたも
「飲食店を中心にかなりの影響が出ている」ということを痛感しているようです。
 
 
お話を聞いたお店のスタッフの多くがいわれていたのは
「広島市の計画で本通りに人が増えるとは思えない」
「単発のイベントでは、恒常的な人通りの増加にはつながらない」と言うものです。
 
広島市の球場跡地利用計画は
球場のほとんどの施設を解体して「広場」にする
折り鶴展示施設を作る
将来的に内野スタンドあたりに
劇場やライブラリー、レストハウスを新設。商工会議所も移す。
と言うものですが、
果たして広島市の商店街など
中心部を含めた「広島の賑わいや活性化」に本当につながるのでしょうか?
 
とても多くの方が集まるとは思えないのです…
 
 
広島市は球場跡地の利用について着手したときに
案の条件として「年間150万人の集客」を公言しました。
しかし「150万人にはこだわっていない」(08年10月の市民団体が主催したシンポジウムでの広島市の担当者の発言)とするなど、
広島市の発展など「眼中にはない」とも取れる発言もしています。

   
広島市内中心部の一等地にある“広島市民球場”
これまで50年以上も広島市の発展に寄与し、
広島の人たちはもちろん、全国の人たちに夢を与え勇気づけてきた“広島市民球場”…
 
その跡地利用をもっと真剣になって考えてみようではないですか!

広島市中心部に“球場移転”の悪影響が…
掲載日 : 2009年5月02日

【重要】中国新聞で「球場跡地」関連のアンケートに参加しよう!

中国新聞で
「球場跡地」関連のアンケートが実施されています
http://www.chugoku-np.co.jp/prf/enquete/
 
 
広島市の今後の発展などに大きな影響を与えると考えられる
「広島市民球場跡地」
 
広島市の計画についてや
球場跡地関連のマスコミの報道などについての意見、
そして私たち市民の希望や意見をぶつける大きなチャンスです。
ぜひ多くの方がこのアンケートに参加するとともに
いろんな方々にアンケートをご紹介ください。
 
 
広島の未来のために球場跡地に本当に必要なものはなになのか?
 
広島の未来は私たち市民の手で決めましょう!!

【重要】中国新聞で「球場跡地」関連のアンケートに参加しよう!
掲載日 : 2009年5月02日

【重要】球場跡地関連のアンケートのお知らせ!

中国新聞で「球場跡地」関連のアンケート実施中
中国新聞で
「球場跡地」関連のアンケートが実施されています
http://www.chugoku-np.co.jp/prf/enquete/
 
 
広島市の今後の発展などに大きな影響を与えると考えられる
「広島市民球場跡地」
  
広島市の計画についてや
球場跡地関連のマスコミの報道などについての意見、
そして私たち市民の希望や意見をぶつける大きなチャンスです。
ぜひ多くの方がこのアンケートに参加するとともに
いろんな方々にアンケートをご紹介ください。
  
  
広島の未来のために球場跡地に本当に必要なものはなになのか?
 
広島の未来は私たち市民の手で決めましょう!!

【重要】球場跡地関連のアンケートのお知らせ!
掲載日 : 2009年5月02日