ALL FOR HIROSHIMA > ブログ

広島市民球場跡地利用計画の見直しを求める陳情について その2

ALL FOR HIROSHIMA事務局です。

陳情書の内容につきましてお問い合わせがございました。
ここに公開いたします。
対応が遅れましてもうしわけありませんでした。



件名
 広島市民球場跡地利用計画見直しについての陳情

要旨
 広島市の決定した広島市民球場跡地利用計画の抜本的見直しを陳情いたします。

理由
広島東洋カープの本拠地が新球場へ移転することに伴い、役目を終えたとされている広島市民球場が一部だけを残して解体されようとしています。
しかし、その経過は十分に論議された透明性の高いものではありません。平成17年9月に市民や民間事業者等からの提案募集が行われ、平成21年1月に計画が策定されておりますが、外部有識者や一部の財界の意見のみを取り入れただけのものであり、市民の声が反映されているとは思えません。
広島市の計画では、戦前から広島市のにぎわいの中心であったこの地から、ヒロシマの戦後復興のシンボルともいうべき市民球場がなくなり、跡地が折鶴展示施設を中心とした森になろうとしています。にぎわいの感じられない計画では市民の都心ばなれはより一層深化する可能性があります。
市民の中には、にぎわいの衰退だけでなく、見通しの悪い森による治安悪化を不安に思う声も上がっています。
つきましては広島市民球場をまずは取り壊さずに、市民・県民、ひいては国民や世界中の人々が集い、改めて平和を体感できる「場」として再活用できるよう広島市の決定した跡地利用計画の抜本的見直しをここに陳情申し上げます。


平成21年3月6日

広島市議会議長
藤田 博之 様

住所:広島県広島市中区大手町一丁目1-30 第3大手町ビル 8階
団体名:ALL FOR HIROSHIMA(オール・フォー・ヒロシマ)

掲載日 : 2009年3月11日