ALL FOR HIROSHIMA > ブログ

県サッカー協会が現球場跡地に専用スタジアム建設の要望書を市に提出へ

球場跡地にサッカー場を 協会が来月市に要望書
 
広島県サッカー協会は26日、広島市中区の広島市民球場跡地利用に関し、サッカー専用スタジアム建設を求める要望書を1月8日に広島市へ提出すると発表した。
今月22日の理事会で「現球場跡地で、引き続きスポーツ文化を発信することが重要」と提出を決めた。スポーツを通じた、にぎわいの場を野球からサッカーで引き継ぎたい意向。協会の小城得達会長たちが提出する。
市は当初、年内の市民球場跡地利用計画策定を予定していたが、中国財務局や隣接する広島商工会議所などとの調整が間に合わず、1月に延期した。協会の中山正剛事務局長は「サッカー場建設の要望が広く盛り上がれば」と期待していた。
(中国新聞 12月27日紙面より)
 
さらに“大きな輪”になってきました!
引き続きAFHの活動にご理解ご協力をよろしくお願いします!

掲載日 : 2008年12月27日