ALL FOR HIROSHIMAブログ > 2008年11月

広島市への署名、専用スタジアム案提出について

 

ALL FOR Hiroshima事務局です
「All FOR HIROSHIMA」(以下AFH)の活動に
いつもご理解ご協力いただきましてありがとうございます。
 
このあと、広島市に
みなさまから寄せられた署名、
そしてみんなで考えた“サッカー専用スタジアム案”を提出します。
 
きのうの夕方から、広島のマスコミ各社からの問い合わせが相次いでおり、うれしい悲鳴を上げております。
 
いまのところテレビでは
NHK広島
テレビ新広島の取材が来ると聞いております。
また新聞などに関しては、追ってお知らせする予定です。
 
ぜひご覧いただくとともに、
お知り合いなどへの周知をよろしくお願いします。
 
今後ともAFHをよろしくお願いします。

広島市への署名、専用スタジアム案提出について
掲載日 : 2008年11月13日

 説明会に関して

All For Hirosima事務局です。
いつもご理解、ご協力を頂き有り難うございます。


この度は皆様方へ 11月22日(土)18時から、広島市西区民文化センター A会議室におきまして開催いたします、All For Hirosima の「説明会」に関連したご案内を申し上げます。


当日、会場では質疑応答が潤滑に進むよう「All For Hiroshimaへ対しての質問」、また「ご意見やアイデア等の募集」を含めたアンケート用紙を配らせて頂く予定です。


しかしながら、不在者投票ではありませんが、「当日、現地へ向かう事は出来ないが、この様な質問をしたい」。また「当日、現地へ向かうのだが、事前に要望等を記述、提出しておきたい」と言う方々の為に、下記の様な質問・要望等を、事前に当サイトの“お問い合わせ”より募集いたします。


☆All For Hiroshima への活動、取り組みに対する質問、疑問。
 (これまでの経緯、現在の進捗状況、未来的な展望など)
☆活動に対して、また「市民球場・跡地利用」に対しての要望、アイデア。
☆ご意見、ご感想等。


皆様からの忌憚のないご意見、心よりお待ち致しております。宜しくお願い致します。

 説明会に関して
掲載日 : 2008年11月11日

 重要なお知らせ

All For Hirosima事務局です。
いつもご理解、ご協力を頂き有り難うございます。


この度は、我々の活動に於いて、幾つか決定事項がありますのでご案内させて頂きます。


まず、これまでご賛同頂きました皆様より寄せられた「署名」を市側へ届ける日取りが決定いたしました。
《 11月13日(木)16時 》


また、当日は1人でも多くの方々のご署名に込められた「願い」を届けたいと思っておりますので、現在、個人や団体で署名に協力して下さり、その署名用紙がお手元にある方は、誠に恐れ入りますが、早急に下記へ送付して頂ければ幸いです。


〒732-0052
広島県広島市東区光町一丁目11番5−624号
All For Hiroshima代表 槙坪大介


何卒、宜しくお願い致します。


次に、11月22日(土)18時から、広島市西区民文化センター A会議室におきまして(定員84名)、All For Hirosima の「説明会」を開催いたします。


この会合では、我々より、これまでの経緯、活動状況、今後の展望や映像・資料を使用しての具体的なプラン(アイデア)等も発表させて頂きます。


また、質疑応答の時間を設けたり、皆様方からの要望、アイデアも募集、受け付けたいと考えております。


賛同者のみならず、1人でも多くの方々のご参加を心よりお待ちしておりますので、どうかお誘い合わせの上、お越し下さい。


尚、会合自体は2時間位のモノになるのではないかと思われますが、会場は16:30より「4時間」押さえてありますので、例えばホームゲームの草津戦終了後、早めに会場にお越し頂いても構いません。


その際、我々サイドとしても、当日の質疑応答が潤滑に進むよう、質問内容を含めたアンケート用紙を配らせて頂く予定ですので、その記入時間に充てて頂ければと思います。


とにかく、我々の「夢の実現」へ向け、徐々にではありますが大詰めを迎えて参りました。


この「実現」の為には、より一層の皆様方からのご協力、並びに、今以上に賛同の輪を広げて行く必要があります。


我々は、有能な団体でも何でもなく、「スポーツで地域を盛り上げていこう」と言う熱い志を持った“いち市民”の集合体に他なりません。


故に、皆様からのご指導、ご提案、ご協力のほど、心よりお待ち申し上げております。

 重要なお知らせ
掲載日 : 2008年11月10日

 訂正

日頃ご支援を頂いております皆様をはじめ、このブログを閲覧して下さっている皆様方へ。

All For Hiroshima事務局です。


まず、我々はこれまで、このブログ欄で様々な情報を発信して参りましたが、その記述した内容、表現に一部誤りがありました。


その記述により、各方面に誤解が生じ、ご迷惑をお掛けした事をここに訂正し、お詫び申し上げます。


今後、より一層の配慮のもと、正確な情報を発信しながら地域を盛り上げて行く所存です。

引き続き、変わらぬご支援ほど、宜しくお願い致します。


誤:20日広島市の秋葉市長は「広島市民球場を残してほしいという声があるのは当然。何らかの形で残す方向で検討する」と発言しました。「ホームベースやマウンドの位置などがわかるようにする」という非常に中途半端なもののようですし、広島市の基本方針が変わるわけではありません。


正:市長は、「ホームベースやマウンドの位置などがわかるようにする」ことを検討しているという発言はしておらず、市長が記者会見で発言した内容は次の通り。(市ホームページより抜粋)


「市民の皆さんの考え方で、非常に大きな声になっているのは、市民球場を残してほしいという意見があるのですが、これは、50年、半世紀にわたって市民に親しまれてきた球場ですから、球場に愛着を感じて、そして思い出の詰まっている野球場を壊してほしくないという気持ち・意見があるのは当然だと思います。市民から寄せられている意見の中にも、例えば、ホームベースやピッチャーズマウンドの位置を残してほしいとか、広島の復興とともに歴史を刻んできた市民球場がこの地にあったのだということが分かるようなものを後世に伝えてほしい、といった意見等が寄せられています。最終的に利用計画の取りまとめに当たっては、こうしたご意見を踏まえて、広島市民球場の歴史をどういった形で残していくことが望ましいのかについて、優秀案の応募者とも協議しながら、現在検討しているところです。」



誤:05年11月から翌年1月まで、市民や民間事業者に広島市が市民球場跡地利用について提案募集しました。およそ400の募集のうち、一般市民などからの応募は377件。
そのうち「観光やアミューズメント関連施設」が約4割。「サッカー場など文化スポーツ施設」が約3割。広島市が叩き台として残している「平和発信機能」は1割にも満たない4%しか応募はありませんでした。


正:377件の意見内訳は次の通り。

◎観光交流・アミューズメント 150件(39.8%)◎文化・芸術創造機能 67件(17.8%)◎スポーツ機能 53件(14%)◎平和発信機能 37件(9.8%)◎緑地・広場機能 35件(9.3%)◎交通・その他 35件(9.3%) (複数の機能を提案されているものは主要な提案内容により区分)


※「文化・芸術創造機能」並びに「スポーツ機能」を併せ、「文化スポーツ施設」という表現を用いて「約3割」とパーセンテージを記述しましたが、「平和発信機能」については「1割にも満たない4%」ではなく、正しくは「約10%」。

 訂正
掲載日 : 2008年11月09日

現在、署名活動にご協力して下さっている皆様方へ

ALL FOR Hiroshima事務局です
「All FOR Hiroshima」(以下AFH)の活動に
いつもご理解ご協力いただきましてありがとうございます。


この度は、今現在、個々で署名にご協力、収集して下さっている皆様方へお願いを申し上げます。


これまで、ご賛同頂いた皆様より頂戴して参りました署名を「市側へ届ける日」が近づいて参りました。


日程は現在調整中ですが、一人でも多くの方々の民意を届ける次第です。


そこで、誠に恐れ入りますが、現在、お手元にある署名用紙を近日中に当事務局宛へ送付して頂ければ幸いです。


ご協力頂いた上に甚だ恐縮ですが、何卒、宜しくお願い致します。


また、進捗状況を含めた「これまでの経過」、並びに「今後の活動展開」等を含めた説明会を11月の中旬から下旬にかけての何処かで開催する予定であります。


“ホールを貸し切って”までの大規模なモノとはなりませんが、コチラの詳細に関しましては、決定次第、当サイト等で告知させて頂きますので、引き続き、熱いご支援のほど宜しくお願い致します。

現在、署名活動にご協力して下さっている皆様方へ
掲載日 : 2008年11月05日