ALL FOR HIROSHIMAプロジェクト No.001 『広島市民球場を...活動日記 > 「水辺のコンサート」署名

「水辺のコンサート」署名


AFHまつです。
今日の活動日記は長めですよ、と先に宣言。
なぜなら、盛りだくさんの一日だったからです。

まず、ブログで告知しました通り、10月25日「2009ひろしまフードフェスティバル」にあわせて元安川遊歩道で開催された「秋の水辺コンサート」内で署名活動を行ってきました。
運営の「なごみプロジェクト」さんのご配慮でパラソルギャラリーブースのひとつで署名をさせていただけることに。
署名に屋根があるのは、AFH始まって以来初の出来事かもしれません。机があるだけでも有り難いのに、屋根まで!
ギャラリーは様々です。写真展示やポストカード販売、野菜市、干し柿作り、竹細工、雑貨、そして署名。明らかに浮いてます(笑)。
が、準備したパネルを並べたりしてみると、なんとなく体裁も整いまして、水辺のステージでのコンサートを聴きながらの署名スタートとなりました。

今までは動き回って声をかけての署名活動が多かったのですが、今回は定点での活動です。まずは視覚的に引きつけていただけるように、二種類のパネルを用意しました。
それを少し離れたところに置いておくと、足を止めて見られる人がちらほら。そして自らブースに来られて署名してくださる方が何人もおられました。
この活動自体を知らなかったという人も、話をさせていただくと賛同してくださり、そして励ましてもくださり、有り難い思いでした。
勿論、署名活動をしていると、反対される方と出会うこともあります。
意見の相違は当然ですしそれだけだったら構わないのですが、中には何故か初めから喧嘩腰の人も。今回もそういうことがありました。そういう人に出会うととても辛い思いをするのですが、でも多くの人が署名をした去り際に温かい言葉をかけてくださり、その度に辛い思いが癒えるような気持ちにもなりますし、頑張ろうと思えます。
そして素晴らしい出会いもありました。
AFHが署名をしていると知らずにコンサートを聴きに来られた女性が、実は喫茶店マリーナの常連客で、AFHの主旨に賛同して町内会やPTA繋がりなどでたくさんの署名を集めてきてくださった人だと言うことがわかり、署名メンバー一同感謝&感激。
「旧市民球場を建てるために樽募金をした世代の方は本当に寂しがっていて、皆さん喜んで署名をしてくださったのよ」と教えてくださいました。
また、出展者さんや出演者さんのうち何組か署名してくださったのですが、その中の一組である北広島町を中心に活動されているアコースティックバンド「ガイコッツ」さん(http://gaikottsu.exblog.jp/)がMCでステージ上からAFHの活動を紹介してくれた上に、さらにお客さんに署名を呼びかけてくださいました。
ボーカルのHONEOさんは元高校球児で旧市民球場に思い入れがあると話してくださいましたが、こんな形でも協力いただけるとは、感謝しきりでした。
AFHが多くの人に直接的、間接的にも支えられているということと、その多くの人々は旧市民球場への様々な思いを持っておられるというを実感できた一日でした。

署名の後はAFHミーティング、そしてこの日で閉店する「フィンズベリーパーク」に行ってきました。
フィンズさんには早い時期から協力をいただき、また、メンバー間の打ち合わせや食事会でも何度かお世話になりました。個人的にも観戦会といえばここでしたし、寂しい思いでいっぱいです。また再開の日が来ればいいのですが…。
最後の観戦会には参加できませんでしたが、観戦会後もマスターさんを労う多くのサンフレサポーターさんが残っておられました。
最後ということもあって、県外からも駆けつけたサポーターさんも。隣県だけでなく、関東サポさんも。その中で混じって、皆さんのサンフレへの熱い思いを聞いていると、7点差がなんじゃワレ!次じゃ次!という気持ちに。
この日は本当に、たくさんの人の「思い」を感じた一日でした。

最後になりましたが、なごみプロジェクトさま、署名にご協力いただいた皆さま、ありがとうございました。
そして「フィンズベリーパーク」のマスターさん、ありがとうございました。
お疲れ様でした。

「水辺のコンサート」署名
掲載日 : 2009年10月26日(月)